桜が満開です

昨年より10日ほど早く桜が満開になりました。

村内であちこち桜が満開です。
約11kmにわたり咲き誇る桜と菜の花ロードは
テレビで紹介されたせいか 早朝から観光客が訪れてます。
 
また、隠れた花見スポット 南の池公園の桜もすばらしい
こんなステキな桜の景色をゆっくりお花見する暇もなく
田んぼに行く車の中から桜を楽しみます
 
スイセン ムスカリ 梅など 春の花が一斉に咲いて
大潟村は花盛りです

桜と菜の花ロード

南の池公園の桜

水仙ロード

わが家のお庭のスイセン、 スズランスイセン

わが家のお庭のムスカリ

野原の菜の花を摘んできて 菜の花パスタにしてみました

美味しい

 

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

ビニールハウス&整備

苗を育てるためにビニールハウスにビニールを貼ります。

以前は朝早く起きて早朝の無風状態の時にに天井のビニールをはってました。
6棟のハウスを貼るのに5~6日かかっておりましたが

今はらくちん

ビニールをハウスの天井に収納していたため
ハンドルをクルクル回すだけで楽にビニールが貼れます。

ビニールをおろします

針金で止めていきます。

ハウス内はトラクターで整備します。

平らにきれいになりました。

ハウス完成!

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

梅が咲いてます

梅が咲き始めました。

桜の方も つぼみが膨らんで、もうすぐ咲きそうです。

お庭の チヨノドクサ(?)かな
10cm程の短い丈にかわいいほんのり青がかった白い花がかわいいです

春の定番 スイセン

春一番に咲く ククザキイチゲ

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

育苗用の土づくり

今やっている仕事は 種まきのための準備です

育苗用の土に肥料を混ぜます。 

台ばかりの上にミキサーをのせて一回分の土の量を量りながらミニローダで土を入れます。


1回180kgの土を入れます

測りながら土を入れるので正確に肥料を混ぜられます。

入れるのはこれ 

ピートモス

ダイヤアミノA
肥料は田んぼにまく「お米ちゃん」肥料と同じですが苗箱に均等に行き渡るように粒が小さくなってます。

土に 肥料などをを入れて グルグル 混ぜます。

肥料が混ざった土はベルトコンベアで 運ばれて

 

フレコン袋の中に

育苗用の土のできあがり!

1トン袋のフレコンに 16こ出来ました。

全部で 16トンの土です。

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

肥料が届きました。

肥料がコンテナ3台で届きました。

25へクタールで使うので全部で650袋です

肥料をフォークリフトに積んで小屋の中に運びます。

田んぼ用は おこめちゃん

https://www.mcagri.jp/commodity/mc_oc8_1.html

育苗には細粒のダイヤアミノAプラス
 https://www.mcferticom.jp/commodity/damino.html

 

今年も美味しいお米づくりをがんばります。

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

きねつきモチと ミソモチ

季節限定商品の
きねつきモチパック と ミソモチ です

毎年年末のみ作ります。

今年からパッケージがオリジナルになりました。
シンプルなデザインで かっこいいでしょ? と自画自賛(笑)

★きねつきモチパック
 1袋 450g 9個入り 410円(税込)
もち米[わたぼうし]だけで作ってますので(これが当たり前なのですが安売りのおもちは輸入のコーンスターチなどが入ってることが多いそうです。)
雑煮などにしてもとけたりしません、本当においしいです。 
450gで9個の切り餅が入っています。
3個づつ小分けされておりますので、使いやすくなりました 
常温でもちますので1年分お買いになるお客様も多いです。

★みそもちパック(予約のみの限定販売)
1袋 450g 8個入り 580円(税込) 
ほんのり味噌味クルミ入りのお餅です
さっと焼いてそのままいただきます。

ミソモチ名人のおじさんが丁寧に作ります
手作りの為一切れの大きさが揃っておりませんのでご了承下さい。
冷蔵庫に入れて2~3週間くらいしかもちませんのでなるべく早くお召し上がり下さい。
長期保存する場合は冷凍して下さい。
長く保存が出来ないため予約分のみ作ります。 

年々大ファンが増えているミソモチ 
最終予約締め切り12月4日
お申し込みはお早めに!

★もち米(わたぼうし)
大潟村で作れるもち米の中では一番 美味しい品種のもち米です。
 2kg 900円(税込)  5kg 2,200円(税込)

ご注文はこちらから↓
https://kochi-net.com//kome/shopping.html

 

 

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

大潟村の秋

大潟村には 秋田県の自然を再現した 生態系公園があります。

湖を干拓した大潟村ですが、公園中に入るとまるで山の中に入ったような気持ちになります。

秋は紅葉がとてもきれいです。

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!

暗渠(あんきょ)

稲刈りが終わると 暗渠(あんきょ)を掘ります

暗渠(あんきょ)
広大な田んぼの地下は排水用のパイプが縦横無尽に張り巡らされているのです。

八郎潟干拓地はもともと湖底のヘドロ層です(底なし沼を田んぼにしたようなものです) 田んぼの排水は大変重要なことです。
排水が悪いと、田んぼが沼地化してしまって、機械が埋まってしまい、動けなくなったりします。
排水用のパイプを暗渠(あんきょ)といいます。稲の刈り取りが終わり、ほっとしたのもつかの間、暗渠の工事を家族で行います。
田んぼを掘り返し、パイプを入れ、パイプの回りに籾殻を入れ敷き詰めます。 そうすることによって、田んぼの水のコントロートロールできるようになるのです。

トラクターで溝を掘り中にパイプを入れます

イプを入れたら モミガラを機械で溝の中に入れます。

 

 

完成!

 

 

「この記事が気に入った」場合は拍手してね!