籾(もみ)すり再開

朝早くから新籾すり機の設置作業、1時間ほどで設置終了。
新しい機械は液晶ディスプレイでタッチパネル。
さっそく籾すり開始。

momisuriki1

向かって左から籾すり機、くず米選別器小網、くず米選別器大網。

出来た玄米を選別機2台に連続でかける。

はじめは小さい網その次に大きい網にかけて出てきたくず米を紙の袋に入れる。

momisuriki2

網にかけて選別された玄米は色彩選別器にかけて色の付いた玄米やモミなどを選別します。

sikisen

出来た玄米は1トンの袋に詰めて倉庫に保管。

frekon

乾燥されたもみを貯蔵タンク、高さが10m近くありいちいち見に行くのが大変なのでカメラで監視してます。

もみ貯蔵タンクが一杯になると乾燥機が排出出来ず次の稲刈りが出来なくなってしまうのでひたすら籾すりです。
4画面左下は籾すりしてできるもみ殻を入れる袋もカメラで監視してます。

camera

この記事どうでしたか?5人の方が拍手しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です