Newトラクターで初作業(プラウ)

新しいトラクターが納車されました、古いトラクター(モロオカというメーカー)が20年以上使っていて壊れたら部品がもう無いそうなので思い切って買いました。
なんか農機具屋さんのために働いてる気がします。

P_20180320_135630_vHDR_Auto

ヤンマーのトラクターYT5113、イタリアの高級スポーツカーフェラリー社でデザイナーをしていたKEN奥山さんがなぜかヤンマーに入社してデザインしたトラクターです。
そういえば赤い色もフェラーリっぽくてちょっとカッコイイ!

P_20180320_140654_vHDR_Auto


DSC_8138

仕事始めは田んぼの土を反転するプラウ作業です。

DSC_8144

運転の仕方が前のヤンマーと少し違うのでなれるまで少し時間がかかりましたがなれると快適です。

DSC_8143

これは10年目のヤンマーのトラクターCT1001ですまだまだ現役ですがだいぶキャタピラーに亀裂が入ってきて交換が必要です。
なのでキャタピラーに負担がかかるプラウやレベラーはNewトラクターと交代してロータリーや代掻き作業で頑張ってもらいます。

この記事どうでしたか?4人の方が拍手しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です