暗渠(あんきょ)

   天気を見て暗渠(あんきょ)作業をしました。

暗渠(あんきょ)
広大な田んぼの地下は排水用のパイプが縦横無尽に張り巡らされているのです。

八郎潟干拓地はもともと湖底のヘドロ層です(底なし沼を田んぼにしたようなものです)
田んぼの排水は大変重要なことです。排水が悪いと、田んぼが沼地化してしまって、機械が埋まってしまい、動けなくなったりします

排水用のパイプを暗渠(あんきょ)といいます。稲の刈り取りが終わり、ほっとしたのもつかの間、暗渠の工事を家族で行います。

田んぼを掘り返し、パイプを入れ、パイプの回りに籾殻を入れ敷き詰めます。
そうすることによって、田んぼの水のコントロートロールできるようになるのです。

DSC02329

トラクターで溝を掘り中にパイプを入れます

P_20171026_101314_vHDR_Auto
今年はアルバイトのお兄さん達が手伝ってくれました。

DSC02334

 パイプを入れたら モミガラを機械で溝の中に入れます。
昔は機械が無かったので袋にモミガラを入れ 並べて 手でモミガラをミゾに入れてました。
た~へん

  今は楽になりました。 

DSCF3126

おっと トラブル発生
機械の穴を掘るラセン部分に 土の中にあった昔の暗渠のパイプが絡みつき
溝が掘れなくなりました。

作業を中止して撤去です。

DSCF3129

30分後 ようやく取れました

DSCF3099

DSCF3110

完成! 

 

この記事どうでしたか?2人の方が拍手しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です